すごいだけの複合機はもういらない ApeosPort-Ⅶ
Securityセキュリティ

近年、外部からの不正アクセスによる企業の情報漏えい事件が数多く起きています。被害は企業規模の大小を問わず発生しており、むしろ中小企業ほど、一度の被害が経営のダメージとなりやすいため、注意が必要です。

あなたの会社の大切なデータをやりとりする複合機も、実はネット接続機器。万全なセキュリティ対策が必要です。
ApeosPort-Ⅶは、情報漏えい、データ改ざん、情報への不正アクセスによる攻撃などを防ぐための、包括的なセキュリティ対策を実施しています。

ApeosPort-Ⅶのセキュリティ対策
  • 本体内部への侵入を防ぐ!
  • 通信時のデータ盗聴・改ざんを防ぐ!
  • うっかりミスによる情報漏えいを防ぐ!
複合機には、様々な脅威が存在しています
1
他の利用者による不正な操作
2
通信データの盗聴、改ざん
3
管理機能への不正なアクセス
4
制御ソフトウエアの改ざん・破損
5
不正な操作、設定変更
6
複合機内の文書データの漏えい
7
うっかりミスによる情報漏えい
新ApeosPort-Ⅶは、
万全な対策で、より安全/安心してご利用可能!
1
ユーザー認証機能、機能別の利用権限
2
通信経路の高度な暗号化、電子証明書の検証、ファイル暗号化、異なるネットワーク間の漏洩防止
3
初期パスワード利用時の警告、アカウントロック、CE操作制限機能
4
不正なソフトウエアのインストール防止機能、リモートアップデートの制限機能
5
複合機の利用状況ログ(監査ログ)とその保護、他ユーザーの履歴の表示制限
6
HDDの暗号化、HDD上書き消去、データ一括消去機能
7
グローバルIPアドレス警告、宛先表以外の通信防止、ファクス番号二度打ち、隠し文字印刷

※情報処理推進機構(IPA)が公開した複合機の新たなセキュリティ認証基準「 HCD PP v1.0」に適合予定(申請中)
「複合機こそ万全のセキュリティ対策を」はこちら


富士ゼロックス デジタル複合機のセキュリティ白書

すごいだけの複合機はもういらない
最新の多機能を、
誰にでも使いこなせるやさしさで
お見積り依頼
「私たちの働き方改革」資料ダウンロード