サイバーセキュリティ事後対応支援実証事業


長野・群馬・栃木・茨城・埼玉県のみなさまへ
中小企業向け
サイバーセキュリティ事後対応支援実証事業

本実証事業の内容

大企業だけでなく、サプライチェーンを構成する中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化は、我が国の産業に対する世界の信頼に直結する重要な課題となっています。こうした状況を踏まえ、経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、中小企業が利用しやすいサイバーセキュリティ対策構築を推進するために、全国最大8地域での実証事業を行うことになりました。

富士ゼロックスは、長野・群馬・栃木・茨城・埼玉の5県において、その事業者として活動を実施します。具体的には、弊社セキュリティサービス(beat)などの無償提供により、参加企業の皆様へサイバーセキュリティ対策実体験の機会を提供するとともに、地域でのサイバー攻撃の実態調査を行います。

beatについてはこちら

サイバーセキュリティに関心のある企業の皆様、この機会に是非本実証事業へご参加ください。
詳細はこちらの資料をご覧ください


本実証事業の参加対象企業

  1. 長野・群馬・栃木・茨城・埼玉の5県に事業所を置いていること
  2. 中小企業基本法に定める中小企業者・小規模企業者であること
    参考URL:https://www.chusho.meti.go.jp/soshiki/teigi.html
  3. UTM機器を設置していないこと
  4. 反社会的勢力の関与がないこと
  5. 本実証事業の目的を理解し、アンケート、セミナー、ヒアリング等へのご協力に対応いただけること

注意事項

  • 概ね100社程度のご参加を予定しており、上限に達した時点でお申し込みを終了いたします。
  • 企業規模、参加企業の業種バランス、ネットワーク環境等の技術的要因を総合的に判断し、参加をお断りするケースもございます。

お問い合わせ

[email protected]
03-6271-4055 担当:柴田、笹沼、池