買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックスの戦略とは

富士ゼロックス

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用ではよく、最初に導入した部署以外への「横展開」が推奨される。これは、社内の業務プロセスに共通点が多いのを生かし、既存のソフトウエアロボットを“使い回し”することで、投入した開発コストを最大限回収しようという発想に基づくものだ。

定型業務の中には、同一組織内に限らず、おおむねどこでも内容が共通しているものもある。その1つが毎月発生する「買掛金処理」だ。この「受け取った請求書を、元となる契約内容と照合し、責任者の承認を得て会計システムに反映する作業」は、世界中のあらゆるオフィスで行われている。

もし、こうした作業に特化した既成のツールを使えば、自社によるRPAの開発負担は大幅に軽減することができる。また、RPAを使ってタスク単位で自動化するよりも、より本質的な業務プロセス自体の改善につなげることもできる。こうしたアプローチを実践するのが、複合機と文書管理ソリューションのリーディング企業である富士ゼロックス株式会社(東京都港区)だ。

「特化型ツールを用いた業務効率化のメリット」について、請求書処理に特化したクラウドサービスである同社の「買掛金管理自動化支援ソリューション」を、グループ自らの業務プロセス変革に採用している担当者らを取材した。

目次

  1. 「業務自動化」「プロセスの一元管理」を同時に実現
  2. 紙の請求書をクラウドで処理。ロケーションフリーというメリット
  3. 特化型の強みをRPA連携でスケール。導入効果を最大化するための発想

出展元:RPA BANK.com

買掛金処理を「特化型ツール」で効率化。RPAと併用する富士ゼロックスの戦略とは

お問い合わせはこちら。

お問い合わせ